2017
10.07

RSウイルス

Category: 日記
RSウイルスに感染してしまった。
最初に罹ったのが、赤ちゃんのよう。生後2週間になるか、ならないかでだ。

病院のお医者さんも「どこから感染したんだろう?」と首をひねり、大事を取って入院していた。(もう、赤ちゃんは大丈夫・・・すでに退院済み)   何度か、出産した病院に検診に行っていたので、そこで罹った可能性もある。小児科に入院している患者さんの大半は、このRSウイルスに感染している子達と言っていたし。

赤ちゃんの世話をしていた娘の方が、倒れる寸前で、赤ちゃんと共に入院。そんな娘を助けようとした私にも感染。・・・

「大人はそんなに心配すること無いよ」と、掛かり付けのお医者さんに言われたが、咳と鼻水が止まらず大変だった。どんなに気を付けていても、感染する時は、してしまうのだなと思った。(体も疲れていたし)

今は、随分良くなったけれど、老人ホームの面会は、少し遠慮している。しっかり治して、大丈夫になったら行こうと思う。

どうぞ皆さんも、RSウイルスには、ご用心を!!
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2017
10.05

女の子なんだもん

Category: 日記
産まれたばかりの、女の赤ちゃんは、頭の匂いを嗅ぐと、焼き菓子の匂いがするとブログなどに書かれていると娘が言っていた。

産後、ほっとする中で、そのことを思い出した娘が、赤ちゃんに近づき匂いを確認。
「本当だ~、甘ーい、良い香り」
それを聞いて、どれどれと、半信半疑で頭に鼻を近づけた。優しく甘い焼き菓子の香り。ブログに書かれていた通りだった。

男の子の場合・・・それもブログに載っているそうだ。ただ、ここには記さない。女の子とは、ちょっと違うようだ。

どうして、こういう匂いがするのかは、分からないけれど、ブログに書いてくださった方のお蔭で、未知との遭遇? (*^_^*)
良い体験ができた。  ありがとう!!
Comment:0  Trackback:0
2017
09.18

敬老の日

Category: 日記
敬老の日ということもあってか、今日は8件、面会の記載ノートに名前が書かれていた。いつもよりは、確かに多い。しかし、老人ホームの入所者は、それより、はるかに多い。・・・・・

母は、今日も眠っていた。手に触れると、冷たかった。
「わかる?」と何度聞いても、返事がない。名前を言っても反応がなかった。耳元で、大きな声で話し掛けていたので、隣の人に気付かれてしまい、「ちょっと、お姉さん、お姉さん・・・」と、帰るまで言われた。その人は、ベッドから落ちたのか、顔面(右半分)痣だらけだった。姉が、二週間くらい前に、目が窪むくらい、顔面が腫れていたと言っていた。それが、未だに治っていないらしい。

今日は、インフルエンザの予防接種の用紙が、市から届いたので、老人ホームに届けるのが目的だった。以前は、母の好きな食べ物を持っていって、話をしながら食べさせたりしていたが、今は、誤嚥があると言うので、食べ物は控えている。

この頃、朝夕、涼しくなってきたからか、厚めの掛布団が各ベッド横に置かれていた。
昨年は、インフルエンザが流行し、長い間、面会出来なかったが、今年は、そういう事がないように願いたい。

「子供に接しないなら、毎年、予防接種しなくて大丈夫だよ」と、私自身、医師から言われるが、「老人ホームに行くので、受けておきます」と、毎年、予防接種をしている。高齢者になればなるだけリスクも大きい。自分が感染経路にならないよう注意だけはしたいと思う。
Comment:0  Trackback:0
2017
09.12

忙しすぎて・・・

Category: 日記
二日前に、おばあちゃんになった。

真夜中、「母子共に元気です」と、娘の旦那さんから連絡を受け、車で病院に駆け付けた。

「良かった!良かった!・・・」その言葉しか出てこない。長かったなぁ~、と言うのが本音。娘も、どんどん出産して退院していく人達、入院して10日経っても産まれてこない我が子、「ほんとに、私のお腹の中に赤ちゃんいるのかな?」と、不安を口にすることもあり、看護師さんに宥められていた。その間、洗濯担当の私は、病院と家の往復。出産出来る産婦人科の減少は、案外応えるわ (;д;)  他県は遠すぎる

老人ホームと病院と。

大した事をしている訳ではないけれど、これが、案外疲れる。
病院と老人ホームが、逆方向にあるっていうのもねぇ~きつい(仕方ないけど)

私の体を案じてか、姉が母のいる老人ホームに行ってきたと、一度連絡を貰った。一度でも行って貰えて良かった。母の事も、娘の事も心配で。・・・・でも、身体はひとつ・・・

ひとまず、娘の事は落ち着いたので、今日は、母のいる老人ホームに行ってきた。会いに行く度、痩せていっている様な気がする。声をかけても、手を握っても目を覚まさない。深い眠りなのか、無視しているのか?・・・わからない。

「食事の時以外は、眠っている事が増えました」と言われているが、最近は、面会に行っても誰だろうと考える事も無くなったし、聞いてくることもない。
「食事は、しっかり摂っています」というが、手も身体も冷たくて、栄養が足りているのか心配になる。

今まで幾つかの老人ホーム食事の様子を見てきたが、本当に質素だ。テレビとか新聞広告で見るような老人ホームの食事とは、月とすっぽん。それでも、栄養士さんが考えたバランスのとれた食事ですと言われれば・・・「そうなんですか」と答えるしかない。

老人ホームの実態って、不意打ちでないと分からない部分があるように思う。(前にも書いたかもしれないが・・・)
「今日、今、見学させてください」と言ったら、却下されると思うが、そこに真実があると思ってしまう私は・・・知り過ぎてしまったのだろうか?
Comment:0  Trackback:0
2017
09.01

必要なこと

Category: 日記
老人ホームに行く度に、気になる事がある。それは、母のメガネの汚れだ。油物か、食べ物に触れた手で触ってしまったのか、メガネの機能を果たせないほど汚れてしまっていても、誰も気づいてくれない。何時行っても、汚くて、行く度に濡れティッシュで拭いてくるのだが、要介護5で、認知症も進んでいる母には、自分で拭き取ることなどできない。

食事、排せつ、着替え、入浴、・・・介護の中に、こういった身の回りの事(個人的なこと)は、含まれていないのだろうか。私が何度かメガネを拭いているところを介護士さんは見ている。だけど、それからも拭いてもらっいる形跡はない。

ホームヘルパーの仕事も同じで、汚れた窓をちょっと拭いて欲しいと言っても、決まりで拭くことは出来ないと言う。(義母が、そうこぼしていた)

マニュアル通り。必要とすることがあっても、マニュアルから外れたら何もやってもらえない。なんだか悲しい事だ。
マニュアルに少しだけ心を添えて貰えないだろうか。
Comment:0  Trackback:0
back-to-top